トップページ > 高校便り

高校便り

2018年 3月 22日

~高1・2年生 保護者対象 大学進学説明会が開かれました(3月17日)~

 3月17日(土)、本学院メインアリーナに高校1・2年生保護者対象大学進学説明会が開催されました。当日は(株)進研アドの中村浩二さんをお迎えして「親子で乗り切る大学入試~受験生保護者の役割~」と題するご講演をいただきました。最新の入試情報と「保護者として持ちたい5つの視点」についてお話しをされました。第1に「子どもの将来の夢や希望と大学進学の目的が繋がっているか」、第2に「子どもが学びたいことが本当に学べるか」、第3に「卒業後の進路に必要とする力が身につけられるか」、第4に「子どもの学力の伸びしろを簡単に諦めない」、そして最後に「さまざまな支援制度を調べ、子どもの選択肢を狭めない」の5点です。高校2年生は大学入試本番まで10か月を切りました。第1志望校合格を見据え、高い志をもって早めの学習対策を進めて欲しいと思います。また高校1年生は第1志望校を早い段階で決め、受験に何が必要かを見極めていってもらいたいと思います。

 

 続いて本校の山﨑直子 進路指導部長から、大学入試合格力アップ講座と題する講演がありました。今春の卒業生の大学受験状況とここ9年間の変化が示され、国公立大学、早慶上理(早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学・東京理科大学)、GMARCH(学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)などの難関大学への合格者が右肩上がりに増えていることが指摘されました。首都圏の私立大学が1年前の受験から入学定員数の厳格化を強いられているなかで、本校が特にGMARCH以上の大学合格者数を増やしていることは高く評価されてもいいのではないでしょうか。その反面、同様に増加傾向にあった日東駒専(日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学)の合格者がここ2年は減っていることも指摘されました。

 また合格者のうちAO入試や推薦入試での合格者は約4割弱で、その合格率もわずか55%と狭き門になっています(一般入試の合格率は72.1%)。合格のためには強いポリシーと基礎学力、小論文などでの表現力などが問われます。また一般入試でもセンター試験利用での合格ラインは80%以上で、例えば明治大学合格を目指す場合は85%以上の得点率が求められます。これもまた狭き門になります。本校が採用している進研模試では、1点刻みで1万2000人がひしめき合います。そのためにも1点を確実に取る堅実な学習が求められます。そこで一度受けた模試の問題を時間をあけて5回解き直すなどのアドバイスがありました。

 

 大学受験にしても平素の授業がその基礎になります。授業をおろそかにして第1志望合格は有り得ません。きちんと学習計画を立てて実行し、足りないところを補い、新たに学習計画を立て直す。そうした地道な学習のスタイル確立が求められます。

2018年 3月 9日

~第69回高等学校卒業証書授与式が行われました(3月5日)~

 生憎の雨になりましたが、3月5日(月)に第69回高等学校卒業証書授与式が挙行されました。卒業生419名と保護者,御来賓のみなさま,在校生(高1・2)が一堂に会し,晴れの門出を祝いました。

 

    

 

 卒業証書授与,学院賞・知事賞・私学協会賞授与,皆勤賞・精勤賞授与に続いて,体育面・文化面・奉仕活動などで特に優れた活動を示した団体に対し,体育賞・文化賞が授与されました。団体としては,新体操部・バスケットボール部(女子)・ハンドボール部(男女)・ソフトテニス部(男女)・水泳部(女子)・吹奏楽部・放送部・書道部・弦楽部が表彰されました。

 

    

 

 表彰に続き,校長先生の式辞 がありました。元ラグビーワールドカップ日本代表監督でもあり,日本のラグビー界を牽引した故平尾誠二氏と,iPS細胞の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥氏というスポーツ界と医学の異なる分野での2人が交流を深めていったというエピソードが紹介されました。その2人が意気投合したキーワードが「ビジョンとハードワーク」です。つまり長期の展望を見据え,それに向かってハードな努力を重ねる事の大切さです。式辞ではこれに加えて「昭和プライド」(高い志を掲げ,高いレベルの文武両道を目指す)をもって自分の人生を切り拓いて欲しいというメッセージがありました。

 

 続いてご来賓の本学院理事長・山本徹様よりご祝辞がありました。ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智氏から直接お話を伺った時のエピソードが紹介されました。大村氏から高校生や大学生へのアドバイスとして,これからの人生にはっきりとした目標を持ち,それを実現するために日々努力するということ,限られた時間の中で集中力をもって取り組む必要があること,勉強や仕事で気持ちの切り替えを行うことなどのお話がありました。

 

 

 

 さらに奨学会長・山﨑憲一様による励ましのご祝辞があり,在校生代表として生徒会長の橋本くんが送辞を読み上げました。最後は卒業生の峰岡くんから感動的な答辞があり,会場にいた多くの人々の涙を誘いました。

 

    

 

 そして生徒たち自身で選曲した卒業の歌旅立ちの日に」を卒業生と在校生が合唱してフィナーレを飾り,万雷の拍手の中で卒業生たちは昭和学院を巣立っていきました。卒業生・保護者のみなさま,本当におめでとうございます。多くに方々から頂いた多数のご祝電は,すべてエントランスホールに掲示し,皆さまに披露させて頂きました。

 

    

        

2018年 3月 9日

~高校2年生学校説明会が行われました(2月28日)~

 2月28日(水)午後,高校2年生を対象にした学校説明会が実施されました。本校体育館と各教室を会場に大学・短期大学・専門学校など70校が一堂に会しました。事前のアンケートで参加する学校を2校決め,前半・後半それぞれ30分ずつ,各学校講師の方々の熱心な解説に耳を傾け,質問し,気になったところをメモしている姿が印象的でした。

 

    

 

 参加校の講師の先生方からすでにオープンキャンパスに参加し,事前に本学について調べていることを知り,嬉しかった。」というお話しがありました。入試本番まで1年を切りました。今回の説明会で得た各学校の情報をもとに受験準備をさらにしっかりと進めていって欲しいと思います。

 

 

 

2018年 2月 20日

~高1ドッジボール大会が行われました(2月17日)~

 2月17日(土)、高校1年生で学級役員が企画運営を行いドッジボール大会が開かれました。桜和祭(文化祭)の催しで特に揃えたクラスTシャツで、クラス全員が一丸となって戦いました。

 

 当日は学年12クラスを4クラスずつの3グループに分け、それぞれ第1コートから第3コートまでを会場に、熱戦が繰り広げられました。対戦方法は総当たり戦で、試合時間は3分です。寒い日が続き縮こまりがちの体を思いいっきり伸ばし、応援も盛り上がった熱戦の結果は次の通りです。

 

 第1コート 第1位 1年A組・E組(同点優勝)

 第2コート 第1位 1年C組

 第3コート 第1位 1年J組

 

    

 

 来年度、高校1年生は2年生になります。後輩となる新入生を暖かく迎え、中堅学年としての自覚を持って勉学、課外活動に励んで欲しいと思います。

2018年 2月 20日

~高校百人一首大会が行われました(2月16日)~

 2月16日(金)放課後、高校百人一首大会が行われました。高校1年生から36名、高校2年生から31名が各クラスから選抜され、当日の大会に臨みました。

 

 総勢67名で行われた予選は、12テーブルに分かれ、その中から各テーブルの1位のみが準決勝に進みました。準決勝からは上の句を聞いてすぐに札を取るような生徒が多く、ハイレベルな戦いになりました。そして決勝戦、さらに熱気を帯び6名で激しい戦いが繰り広げられました。熱戦の結果は次の通りです。

 

 優 勝 町田佳志(高2)

 準優勝 三浦雄大(高1)

 第3位 藤原冴香(高1)

 

    

 

 見事入賞を果たした皆さん、おめでとうございます。参加者の皆さん、お疲れ様でした。