トップページ > 中学校便り

中学校便り

2018年 3月 23日

~第71回中学校卒業証書授与式が行われました(3月20日)~

 生憎の雨天でしたが、3月20日(火)、第71回中学校卒業証書授与式が行われました。卒業生128名と保護者、御来賓のみなさま、在校生(中1・2)が一堂に会し、晴れの門出を祝いました。 

 

 卒業証書授与、私学協会賞授与、皆勤賞・精勤賞授与に続いて、体育面・文化面などで特に優れた活動を示した団体に対し、体育賞・文化賞が授与されました。体育賞は新体操部・ソフトテニス部・バスケットボール部・水泳部・バドミントン部・体操競技部の6部が、文化賞は吹奏楽部・バトン部の2部が表彰されました。

 

    

 

 表彰に続き、校長先生の式辞 がありました。そこではまずは5月の奈良・京都の修学旅行に始まるこの1年間の活躍ぶりが紹介されました。中学校最終学年としての成長がみえる1年間でした。さらに平昌オリンピックでのスピードスケート代表小平奈緒選手のエピソードが紹介されました。

 

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子の金メダル小平奈緒選手が500メートルで自身の滑走が終わった後に、後の組のレースの邪魔にならないよう「静かに」と合図を観客に送りました。さらに僅差で銀メダルに終わった韓国の李相花選手が泣き崩れたのをみて歩み寄り、抱きかかえて「よく頑張ってね。今でも私はリスペクトしているよ。」と元女王をたたえると、いくつか言葉を交わして落ち着きを取り戻し、一緒にウィニングランをしました。最大のライバルに対しても敬意を払う姿勢に、本当のスポーツマンシップをみる気がして大変感動しました。本校の教育方針の一つに「自らを律することができ、人を思いやることのできる人間性豊かな生徒」というのがあります。小平選手はまさにこの言葉を実践してくれているのだと思います。皆さんも是非自分に厳しく、人に優しく接することが出来る人間に成長して欲しいと思います。4月からは外部中学校の卒業生も入学して高校生活が始まります。高いレベルでの切磋琢磨をし、高校3年間に自分の夢や目標に向かってチャレンジする生徒に成長して欲しいと思います。

 

 続いてご来賓の本学院理事長・山本徹様よりご祝辞がありました。ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智氏から直接お話を伺った時のエピソードが紹介されました。大村氏から高校生や大学生へのアドバイスとして、これからの人生にはっきりとした目標を持ち、それを実現するために日々努力するということ、限られた時間の中で集中力をもって取り組む必要があること、勉強や仕事で気持ちの切り替えを行うことなどのお話がありました。

 

 

 この後さらに奨学会長・山﨑憲一様による励ましのご祝辞があり,数多くの心温まる祝電が披露されました。在校生代表として井原秀介くんが送辞を読み上げました。最後は卒業生代表の五十嵐えりさんから万感の思いを込めた感動的な答辞があり、会場にいた多くの人々の涙を誘いました。そして最後に在校生による送別の歌羽ばたこう 明日へが披露され、卒業生からの卒業の歌道標(みち)」でフィナーレを飾りました。

 

    

 

 万雷の拍手の中で卒業生たちは昭和学院を巣立っていきました。卒業生・保護者のみなさま,本当におめでとうございます。多くに方々から頂いた多数のご祝電は,すべてエントランスホールに掲示し,皆さまに披露させて頂きました。

 

    

 

 メインアリーナでの卒業式が終わった後、中学3年生と学年の教員が第3アリーナに再び集合し、学年団の解散式(最後の学年集会)を行いました。そして各クラスの教室へ移動し、各担任からの挨拶がありましが、最後のホームルームは名残惜しく、いつまでも別れを惜しんでいました。卒業生のみなさん、「想い残し、願いたくし、誇り持って」歩んで下さい。そして桜の舞う4月8日,高等学校入学式でまた会いましょう。

 

    

    

 

 

2018年 3月 22日

~中学校入学説明会が行われました(2月17日)~

 2月17日(土)、平成30年度中学校入学説明会が伊藤記念ホールで開かれました。当初予定になかった大井校長のサプライズメッセージで始まった説明会では、「学習について」「学校生活のきまりや制服について」等の中学校生活の心構えや入学までの準備についてお話をいたしました。

 

    

 

 期待に胸をふくらませている生徒たちの姿を見て、身の引き締まる思いを強く感じました。在校生、教職員一同、皆さまが4月8日()の入学式にいらっしゃるのを心待ちにしております。

2018年 3月 6日

~平成29年度中学校ビブリオバトルが実施されました(2月28日)~

 2月28日(水)、中学校ビブリオバトルが伊藤記念ホールで行われました。ビブリオバトルとは書評合戦で、本校では自分が紹介したい本を持ち寄り、皆の前で自分の本を一人3分間で紹介し合い、それを聞いた人たちが最も読みたくなった本(チャンプ本)を投票で決定しています。

 

 中学校では毎日、朝の自習時間を「朝の読書」にあてています。1学期は自分の読みたい本、2学期は図書館で選んだ本、3学期は「読書の旅・羅針盤~おすすめ本100冊~」に掲載されている本を基本に20分間、各自が読書に取り組んできました。1学期の終わりにクラス内でビブリオバトルを行い、2学期の夏休み明け授業では、夏休みに読んだ本で1分間スピーチを行いました。そして3学期は、各学級の代表が伊藤記念ホールで中学生全員を前に紹介するクラスチャンプ本を選びました。

 

    

 

 クラス代表とあって、当日はどの生徒も生き生きと自分のおすすめ本を紹介していました。持ち時間の3分間をぴったり使い切るところもさすがでした。1分間の質問タイムでは、全校生徒の中から積極的に手があがり、深い質問もされますが、発表者はよく本を読み込んでいるため、はきはきと答えていました。最後に投票により学校代表チャンプが決定しました。代表チャンプとなった古川七菜子さんは、3月28日に上智大学で行われる「全国中学校ビブリオバトル決勝大会」に参加します。存分に力を発揮してきてほしいと思います。

 

 第1位 3年4組 古川 七菜子 チャンプ本 『つなぐ』(辻村深月)

 第2位 3年1組 五十嵐 えり 準チャンプ本 『浜村渚の計算ノート』(青柳碧人)

 第3位 3年2組 高橋 明里 『また、同じ夢を見ていた』(住野よる)

2018年 2月 20日

~中1キャリア教育「卒業生の話を聞く会」が開かれました(2月10日)~

   

 2月10日(土)伊藤記念ホールにて、中1のキャリア教育卒業生の話を聞く会が実施されました。これは生徒の勤労観や職業観を育てるとともに、それぞれの将来への道筋を思い描くきっかけ作りとするものです。本学院の卒業生に講演をお願いし、現在の仕事の話や中学校生活の中で大切だと感じたことを話してもらっています。今回は、川嵜智央さん(SE)、古市亜美さん(製薬会社マーケティング担当)、高西実果さん(秘書)の3名に講師をお願いしました。先輩方は自分が没頭できるものを見つけよう」「きまりを守ろう」「友だちを大切にしよう」「時間の使い方を見直し、具体的な目標を立てようなどたくさんのメッセージを残してくれました。

 

    

 

 生徒たちは先輩たちの話を聞いて、資格を持つことによって仕事の可能性が広がること、頑張っていること将来につながっていくことを感じとることができました。今、生徒たちは「卒業生の話を聞く会」の感想をまとめた新聞づくりを行っています。どんな新聞が出来上がるか楽しみです。

2018年 2月 10日

~中学校耐寒スポーツ大会が開かれました(2月7日)~

 2月7日(水)放課後,恒例の中学校生徒会主催耐寒スポーツ大会が行われました。競技種目は大縄跳びで,全員で協力し合い,声を合わせて跳んだ数を競い合いました。大会は大盛況のうちに終了し、結果は次の通りでした。

 

    

 

 優勝 1年1組(中1)  2年1組(中2)  3年1組(中3)

 

 結果発表の後、企画・運営をした中3の生徒会役員から締めの言葉がありました。これが生徒会主催で行う今年度最後の行事で、先輩から後輩へのバトンタッチになります。卒業まであとわずかな3年生、最上級生として成長した姿を見せてくれました。