トップページ > 学院通信

学院通信

2018年 4月 12日

~入学式が行われました(4月8日)~

 例年に比べて早めに咲いた桜も盛りを過ぎた4月8日()、中学校高等学校入学式が行われました。今年度も希望に満ちあふれた多くの新入生を迎えることができました。中学・高等学校あわせて429名が本学院の校門をくぐり,緊張のなか,決意を秘めて晴れの入学式に臨みました。校歌斉唱の後,大井校長先生から式辞がありました。

 

 

 本校は創立79年目を迎えます。創立者の伊藤友作先生が定めた校訓「明敏謙譲」に重きを置いて、きめ細かで丁寧な指導を継続してきました。また本校は部活動が盛んで、このようなスポーツ・文化芸術部門での大きな成果や伝統を大切にしつつ、学力向上や進学実績の向上を強力に推し進めています。そのために新入生の皆さんには、本校の生徒として意識してもらいたいことが3つあります。1つ目は自ら考え、自ら学び、自ら行動できる生徒になって下さいということです。2つ目は高い志を持ち、学習やスポーツ、文化活動に励む「文武両道」を目指す生徒になって欲しいということです。高い志を持って日々の学習に取り組み学力の向上をはかってください。全国レベルで活躍しながら受験も頑張って成果が出せる、そのような文武両道を体現したスケールの大きい先輩たちがいます。3つ目は、自らを律することができ、人を思いやることのできる人間性豊かな生徒になって欲しいということです。自分に厳しく、人には優しく接することができる人間味あふれる生徒になって欲しいと思います。以上の3つのことを実践し、様々な場面で友情を育み、互いに切磋琢磨して日々の学校生活を有意義なものにして下さい。3年後または6年後、生徒や保護者の皆さまに「昭和学院で学んで良かった。」「昭和学院に入学して良かった。」と言っていただけるよう、チーム昭和を合い言葉に、教職員一丸となって情熱あふれる教育活動を展開していく所存です。

 

 続いて来賓祝辞では,本学院山本徹理事長および本学院中高奨学会会長山崎憲一様からお話がありました。山本理事長先生からは、厳しい国際競争社会を生き抜き、日本にかつての輝きを取り戻すために努力して欲しいというメッセージがありました。奨学会長・山﨑憲一様からも、周りの方への感謝の気持ちを忘れないこと、これからの人生の設計図を描く大切な時間として、目標を持って充実した日々を過ごして欲しいことなど、励ましのご祝辞がありました。さらに数多くの心温まる祝電が披露され、在校生代表として橋本君が歓迎の言葉を読み上げました。続いて青木君と五十嵐さんが新入生代表として力強い誓いの言葉を述べ、盛会のうちに式は終了しました。

 

    

 

 当日はご多忙の中多くのご来賓の方々にお越しいただき,各界からも多くの祝電を頂戴しました。厚く御礼申し上げます。

2018年 4月 8日

~平成30年度の始業式が行われました(4月5日)~

4月5日(木)、新任教職員の紹介後、平成30年度第1学期の始業式が行われ、大井校長先生から式辞がありました。

 

新入生を迎えるにあたって在校生は、上級生としての自覚と責任が必要です。それが上級生のミッション(使命)です。そうすることによって新入生が「チーム昭和」の一員として本校の環境に慣れることができます。また本校の生徒として意識してもらいたいことが3つあります。1つ目は自ら考え、自ら学び、自ら行動できる生徒になって下さいということです。2つ目は高い志を持ち、学習やスポーツ、文化活動に励む「文武両道」を目指す生徒になって欲しいということです。高い志を持って日々の学習に取り組み学力の向上をはかってください。全国レベルで活躍しながら受験も頑張って成果が出せる、そのような文武両道を体現した先輩たちがいます。3つ目は、自らを律することができ、人を思いやることのできる人間性豊かな生徒になって欲しいということです。自分を律する、自分を叱咤激励して高いレベルのものを目指していく力がある人は、人に対する思いやりを持つ心の余裕ができます。これが昭和学院が目指すものです。最後に「チーム昭和」を合い言葉にみんなで盛り上げていきましょう。

 

いよいよ新年度の始まりです。互いに切磋琢磨し、昨日よりも今日、今日よりも明日、さらにいい学校になるように頑張りましょう。

 

 

 

2018年 3月 26日

~平成29年度中高修了式が行われました(3月23日)~

 3月23日(金)、平成29年度修了式が行われました。本年度の皆勤賞・精勤賞の授与が行われた後、出席優良クラス・清掃成績優良クラスの発表がありました。その後大井校長先生から式辞がありました。

 

    

 

今日は修了式です。この1年間を振り返って、自分が良かったところ、悪かったところを分析することが大切です。良かったところは伸ばし、悪かったところは改善する準備期間がこの春休みになります。今年の卒業生は、ここ数年間で最もよい進学成績を出してくれました。これはより高い志をもって、最後まで努力を続けた結果といえます。これは在校生の皆さんにとって励み、先輩にとって誇りとなります。現高校2年生の受験準備はもう始まっています。卒業生を見習って早く自分のモチベーションを高めて、自分の目標に向かって努力することが大切です。それは現高校1年生、中学生も同様です。ここにいる生徒一人一人が自分の希望進路の実現に向けて、しっかりと考えてもらいたい。学習をおろそかにして部活動など他のことを一生懸命やるのだけでは足りません。高いレベルでの文武両道をめざそう。それこそが「チーム昭和」の原動力になります。

 

 出席優良クラス

  中学校  優秀 1年2組  優良 1年3組  

  高等学校 優秀 2年L組  優良 2年J組  

 

 清掃優良クラス

  中学校  最優秀 2年1組  優秀 1年1組  優良 1年2組 1年3組

  高等学校 最優秀 1年L組・2年B組  優秀 1年A組・2年A組  優良 1年D組

 

 

 

 

2018年 2月 24日

~生徒朝礼が行われました(2月21日)~

 2月21日(水)、定例の生徒朝礼が行われました。教育講話は八重盛教頭先生で、内容は次の通りです。

 

 期末考査が近づいています。部活動と同じように十分な準備(復習)をしてテストに臨まなければ、よい結果は得られません。いい加減な態度で安易に取り組めば、達成感も何もありません。何事にも真剣に立ち向かう態度を養わないといけません。力を出し切った後には心の中に何かしらの「宝物」を得ることができます。宝石は原石を磨かないと美しく輝くことはありません。今日から時間をかけて自分を磨かなければ、何も変わりません。やるとやらないでは大きな違いです。それを信じて頑張って下さい。

 

 生徒朝礼の後、表彰がありました。

 

    

 

 高校女子ハンドボール部

  第32回関東高等学校ハンドボール選抜大会 準優勝

 

 高校バトン部

  第43回全日本バトントワーリング選手権関東支部大会

   ダンストワール U-18部門   第7位 坂野舞香(高2)

   スリーバトン  女子U-18部門 第7位 秋山彩(高2)

   トゥーバトン 女子U-18部門  第8位 秋山彩

 

 書道部

  第70回記念千葉県小中高校書き初め展覧会 書星会長賞 塚本ひかり(中1)

 

 校内書き初め展 校長賞 小越郁音(高1)・本地志穂(中3)

 

 高校百人一首大会

  優勝 町田佳志(高2) 準優勝 三浦雄大(高1) 第3位 藤原冴香(高1)

 

 中学校百人一首大会

  優勝 1年3組  2年1組  3年1組

 

 第46回校内朗読コンテスト

  中学生 第1位 土田愛日奈  第2位 河野嘉秀   第3位 野崎桜太郎

  高校生 第1位 弓掛玲奈   第2位 石田日奈香  第3位 阿保優里花

 

 今回も多くの生徒が表彰を受けました。これも一人一人が日々充実した学校生活を送っていることの表れと思います。今後とも本学院生徒を見守り、ご支援下さるようお願い致します。

 

 

2018年 1月 29日

~第3学期公開授業・保護者会が行われました(1月27日)~

 第3学期が始まりました。高校3年生は一般入試が始まり,第一志望合格に向けてのラストスパートを切りました。1月27日(土),第1時限を使って公開授業が行われました。電子黒板などのICT機器を本格導入して2回目の公開授業となります。2020年度の入試改革を見据えた新しい授業(「主体的・対話的で深い学び」)の研究が本校でも進められており,その一端をご覧いただく機会にもなっています。

 

    

 

 公開授業の後は,保護者会の全体会が行われました。今回は辻田副校長よりご挨拶をさせて頂き、その内容は次の通りです。

 

 第3学期は次年度の準備期間,「ゼロ学期」と位置づけることができます。また本校ではICT機器の本格導入を進めています。2020年度の入試改革に向けて,2月には教員間で公開研究授業が行われ,各教科で研究が進められていきます。

 

    

 

 なお保護者会実施にあわせて,校内書き初め展が行われました。今回の提出作品480点は第70回千葉県小・中・高校書き初め展覧会にも出品され,その中の特選以上の作品を展示してあります。作品は,中学が1年生から3年生までの全員,高校1年生が書道選択者,高校2年生以上が任意提出になっています。いずれも力作揃いです。

 

 なお,そのうち3名が市川地区代表として選出されました。また今回の校内書き初め展開催に際して,校長賞が2名に与えられました。

 

 第70回記念千葉県小・中・高校書き初め展覧会市川地区代表

     塚本ひかり(中1)・石塚日菜子(中3)・斎藤玲奈(高3)

 

 校長賞 小越郁音(高1)・本地志穂(中3)